お金借りたい〜おすすめ情報

MENU

お金借りたい方への簡単まるわかりガイド

 

まずは、どんなところからお金借りたいかを考えてみる…

 

友人や知人からお金借りたいと思った事はありますか?まず身近からお金の貸し借りをすると高い確率でトラブルになってしまいます。100円200円程度のお金ならまだしも万単位でお金を借りるのは危険です。できるだけ人に迷惑をかけないでお金を借りる方法を考えていきましょう。

 

現在は、スマホやパソコンなどを駆使すれば簡単に手続きできるカードローンがあります。お金の使いみちが自由で事業資金以外であれば何でもOKです。

 

カードローンからどんな方法でお金を借りたいか…最近は銀行口座への振込やコンビニのATMから利用するユーザーが増えてきています。忙しいと、つい手間暇かけないでお金を借りる方法を選んでしまいますよね。

 

 

どんな条件でお金を借りたいですか?
できれば即日でお金借りたい 無人契約機でカード発行
低金利で選びたい 無利息期間が欲しい

 

お金を借りる方法で店舗に行くとカードを作れますが、来店しない場合はカードがなくても最短当日中にお金を振込してくれるサービスがあります。カードローンは会社員でなくても安定収入があればアルバイト・パートの雇用形態でも申し込み可能です。

 

サービス重視でお金を借りる

 

お金を借りたい時に、急いでいなければゆっくりと余裕を持ってカードローンを選んで欲しいところですが、当日、明日、今週中ともなれば申込システムがスピード対応しているところに限られてきます。申し込み・金利サービスは各カードローンにより相違していますので比較してみてください。

 

アコム
年利:4.7%〜18.0%
審査:最短30分
限度額:1万円〜500万円

 

アコムは2014年度から30日間金利0円サービスをはじめました。待望の無利息サービスでアコムの需要が高まっています。35日ごとの返済を選ぶと無利息期間が適用されます。アコムのむじんくんは日本でお初の無人契約機で国内でも最高水準のスペックです。

 

 

 

 

モビット
年利:4.8%〜18.0%
審査:10秒結果表示
限度額:1万円〜500万円

 

モビットのおすすめはWEB完結の場合は職場へ電話連絡が入らない事につきるでしょう。また、カード発行の早さは他社と比べて抜きん出ており事前に申し込みさえしておけば審査終了していなくてもカードを発行してくれます。

 

 

 

 

 

プロミス
年利:4.5%〜17.8%
審査:最短30分
限度額:1万円〜500万円

 

無利息の大御所と言えばプロミスです。メルアド&WEB明細登録で30日間無利息サービスを受けられます。土日も審査を実施しているので曜日に関係なくスピード審査が人気です。

 

 

お金借りたい理由とは

 

みんながお金借りたい理由って?

第1位 
交際費・娯楽
第2位
生活費

 

お金を借りる理由の大半が交際費・娯楽・生活費の範疇に含まれるのではないでしょうか?そして大方が10万円未満を借りては返しを繰り返し利用している様です。突発的な飲み会や趣味の道具が欲しくなったなど人それぞれ様々なお金を借りたい理由があると思います。

 

ただ、交際費・娯楽・生活費の理由では漠然とし過ぎていて具体的に何にお金を借りたいのか分かりにくいですよね?実は本当に普通の事にお金を借りている様です。

 

< お金借たい時の理由を抜粋 >
クレジットカードの引き落とし、洋服の購入、旅行の資金、飲み会が続いて、結婚式のご祝儀、結婚資金、出張費を前借りできない、学費や授業料の不足分、給料前の金欠、引っ越し、一人暮らしの家具を買う、ゴルフ道具を新調、就職活動、携帯料金の支払い、家賃の支払い、パソコン購入、自己投資、スポーツジムに通う、脱毛に通う、車の修理代・メンテナンス・車検費用、住宅のリフォーム、税金の支払い、生活資金、出産の入院費用・通院費用、海外留学、デート代やサプライズの資金、プレゼントの購入

 

お金借りたい理由は個人差がありますよね。人間の本質としてわがままだったり時として人情深い性質があります。お金を借りたい理由そのものは自分本位であったり、家族や他人との付き合いで使う資金が多いようです。日本人の特徴として、自分の快楽に酔いながらも他の人との交流を大切にする傾向があります。

 

 

主婦や学生でもお金借りたい

 

「主婦や学生だってお金借りたい」主婦・学生でもアルバイトで安定収入があればお金を借りる事ができます。昨今の日本経済事情として共稼ぎが増えてきましたし、例え学生でもお小遣いのお金を自分で稼いでいる現実がありますよね。各カードローンは年収の高さや低さは関係なく真面目に働いている方々に融資を積極的にしているのです。基本的にお金を借りれる金額は返済能力の範囲の限度額になりますが、働いている主婦や学生に関して言うと配偶者や両親に迷惑がかかる事はありません。

 

年収が低いけれど…

 

「お金借りたいけれど年収が低い」審査は年収が低い、給料が安いとかはそれほど関係ないです。あくまで返済できる金額で限度額が決まります。仮に高年収であっても審査落ちはあり得ますし、年収が低くても審査に通過できる可能性は沢山あるのです。お金を貸付する側にとって複数の借入もしくは総借入額が多い顧客よりは、どこからも借りてない方が評価が高かったりします。頑張って働いている人は評価される土俵になっています。年収が少なくてまだクレジットカードを作っていないならクレジットとカードローンの両方使えるアコムクレジットカードがおすすめです。アコム審査 サイトはクレジットカードやカードローンに年収基準の設定がないのですが、心配であれば公式HPにある無料診断ツールを受けてみてください。

 

 

外国人だけどお金を借りたい

 

日本で暮らしている外国人は結構いますよね。お金を借りたい直面があるかと思います。例え外国人だって永住許可があればお金を借りる事ができるカードローンが沢山あります。国籍は関係ないのです。日本に在住している事+永住許可が条件ではありますが…

 

特に日本に暮らしている外国人の方は書類を通常より多く出す必要があったり、日本で別の名前があったりなどで手続きがややこしいかもしれません。ですが、多少ですがお金を借りれる様にに門扉を開いているカードローンがありますので安心してください。

 

お金を借りる時の注意

 

お金借りたい衝動にかられて返済を忘れてしまってはいけません。つい、うっかりは誰でもあるかと思いますが計画的に返済していく事で金利が下がったり限度額が増額できる事があります。限度額の増額は金利の引き下げにつながる事がありますのでキチンと毎月、返済して好感度をアップすると好条件になります。人間関係と同じ様に信頼関係を築く事が大切ですね。アコム、プロミス、モビット審査などに通過次第すぐに月々の返済額や返済日の確認をしておきましょう。